近場に英語塾が少ない「自宅で英語学習するしかない」

お子さんの英語学習に関する悩み

通っていた英語塾は、本人はやる気マンマンだったが、対面する先生の元気さに圧倒されて、ついていけない様子でした。

他の英語塾に通うことも考えたが、私達の住む地域は北海道のど田舎で、町に英語・英会話の塾がありません。近隣の英語塾も片道30分以上もかかるし、1箇所しかないので、定員がいっぱいで入れませんでした。

「自宅でできる英語学習をするしかない・・・」

英語の通信教育教材を利用することに決めたきっかけ

我が子の場合、定期的に毎週何日の、何時。と必ず決めて取り組まないと、自宅にいると、別の誘惑に負けてしまいます。
親がそばにいて、取り組みを始めたことを確認しなければ、ちゃんとやってくれませんでした。

我が子は、今小学生ですが、中学校の英語は、英文をすらすら読めるような状況にないと、授業についていけない状況なため、中学進学前に、自宅で英語学習をしようと決めました。

英語の通信教育教材を選ぶときに注意したポイントや、その教材を選んだ理由

今は、ネット上で資料請求できるうえ、無料で体験もできるので、様々な無料教材を取り寄せて、子供に体験させました。

まずは子供に英語に興味を持ってもらうことが大切だと思いますので、体験を通じて、どれが一番興味を持ってもらえるか確認するほうがよいと思いました。

我が子の場合、オンラインで学習できるタブレット教材「進研ゼミ チャレンジタッチ」を楽しそうにやっていたので、入会を決めました。

毎日、自ら英語学習の取り組みを継続することはできてはいませんが、親から促してあげれば、取り組んでくれるので、入会してよかったと思っています。
取り組んだ情報を親がオンラインで確認することができるので安心ですね。

その教材を利用して起こった、お子さんの「英語学習への取り組み方」での変化

自分がうれしかったときだけになりますが、わたしからきくことなく、自ら、
この英語知ってる?
こんなときは、こうやって言うんだよ?!
と家族に問題をだしてきてくれたり、
教材をもってきて、興味のある部分だけにはなりますが、一緒に読んだりしています。

今年はオリンピックパラリンピックもあった影響で、国旗をみながら、発音する様子もみれたので、良かったと思います。
冬にはすぐまた冬季オリンピックパラリンピックがあるので、さらに英語に興味をもってもらいたいです。

子供の英語学習について悩んでいる親御さんへのアドバイス

学校の教科書だけでは、正しい発音が身につかないので、オンラインは必須だと思います。

何しろ、子どものやる気次第だと思っています。
お子さんがどう興味をもってくれるか、考えていかなければ、まずはそこだと思います。

お子さんの好きなキャラクターが描かれているアルファベットのポスターを壁に貼ってみたり、しゃべるお人形さんかぬいぐるみを日本語モードから英語モードに変えられるものを、使わせてみたり、あとは、カルタのようなもので、イングリッシュバージョンがありますので、一緒に楽しむのがいいかもしれませんね。